My ORIENTATION My

士郎、依存はないな

朝刊と昨日のこと

今日のおやじの背中は和合亮一。おやじを超えたくないという斬新な提案。村田製作所の4代目ロボット「チアリーディング部」。ムラタセイサク君〜ムラタセイコまで名前だったのに、急に「部」になって、すこし愛がないな、と思ってしまう。今回は10台が玉に乗ってくるくる踊るらしい。踊るというのは勝手なイメージだが。がんばれごえもんのからくり屋敷に出てきた、茶運び人形を思い出す。三四郎は素直。ごめんなさいが言える男。昨日職場で、給湯室でのふたりの距離は、やたらと近かった。お互いがこわばっていて、よければいいところをよけなかったり、あっちがやかんのとってを持って渡すから、こっちは熱いのがわかってるのに、横から持とうとしてやけどをしかけたり。センサーが壊れている気がして、その子のことを疑ってしまう。一目散に逃げないといけない。しごってぃー。昨日は寝るぎりぎりまでiPhone6を眺めていた。ページを繰ろうとして、何度もテキストを選択してしまい、コピーするかハイライトをつけるかと黒い吹き出しが出てくるので、いい加減うんざりしてスリープにした。

昔「今夜、宇宙の片隅で」を見て大泣きしたこと

そーさー原則的に勇気ーもうやりきるしーかなーいさー!しごとから帰ってきた。明日はカフェテラスでiphoneシャー!読書プリーン!ギンギンガンゴンゴン!スタバの外野席でひとひらの雪(きれいな女の人)に見とれてたい。俳句っていうとリットン調査団がオールザッツでやってた「雪の中みのもんた死ぬまあええわ」「君が好き親父円楽それがいや」「テレビ見てマーシーだじゃれ生あくび」しか基礎知識がないのだね。今日仕事中に私の人生をかんがみて、私と俳句との接点を考えていたのだけれど、ほんとそれぐらいしかない。ついでに思い出したのが関西人のおばちゃんが言いそうな「きれいわぁー」って台詞、現実界で一度も聴いたことがない。おまえぐらいなもーんさー、分かり始めたマーイレボリューション、お前ぐらいのもーんさー、お前につたえたーいよ、まぁーいふぃ、まぁーいでぃ、はーしーりだーせるー!ててっててってってードーン!ドドドーン!コンプレックスエイジは恋。私と好きなとこおんなじだ…るせー!どっせーい!どっせーい!らなくー!らなくー!それにしても、ダブヂイワボノドグダネデレビー!空と大地のめぐみ。じえ。じぇじえじぇ。ジーエックスファイブ、アンドソーオン。灼然地獄。ゆたぽん。ザムザ。ザムザ棟。おばあちゃんこんなに500eん玉ばかりためてどーすんのさ!お駄賃。ひぇひぇひぇひぇ。レングード。ピンキング。ユーオーク。バミューダトライアングルジョージュ。ポルジュ。なんであんなに可愛いのかよ。ハイチオールシー!Ah…親愛なーるーデースマースクノスタルージャー!バイヤイヤイヤイ病的!それにしても今日は疲れた。ランサー!ミニパト。NAOはいい曲だな。片思いでこんなにも壮大かよ。浜辺を歩くと草むらがあり、その茂みあなーたー!あなーたーがーいてーほしいー!茂みに少し傾いた廃車があり、錆びついてオブジェ感があり、ガラスのない枠には植物のつたがからまーるしろーいかーべ!からまっており、朝顔みたいな花が咲き乱れており、よく晴れた日には少し天国じみており、アンドソーオン。アンドソーオン。過ぎ去りしメニウェイ!選び取れなかったリグレッツ!漂うソフィスティケートな空間の中でボーイミーツガールしようとウィズダムがトゥーレイトしたミーが申し上げます!存じ上げませんッ!と!三等!兵!と!やっぱり俺は北回帰線で引き返すべきだったんだ死の世界へとマホメットウィズダムビーバースピキンワーズレリビーへと回収されるべきライフアンドディステニーアンドスーパーチャイニーズスリー。スーチャイ。すちゃすちゃ。無理して人間界住むことないよ。ギブネバーアップだよ。ギビングネビングアッピング。遅れたぶん取り返そうと孤軍奮闘したけどバレバレだよ。僕には擬態は無理だよ思います。無理だなあ思います。今日は行楽日和、運動会も皆さんはりきってがんばっていきましょうなあ思います。アダルトチルドレンとか言わないで欲しい。ウィークリーにはウィークリーなりのマンションがあって、心臓の壁が薄くても、圧が低くても、それはそれで人生なのだから。誰も攻めあぐねている君のことを責めあぐねている暇なんてないんだよ?ほんとだょ?デイドリームビリーバーズ!ファッキンディストーション!もう少し絵になればなぁ、毛生え薬じゃ足りないし、秘宝館のマーラー、カーリー、ストンピングで飛べる仕組みの彼らのほうがまだ心があるって言われてみ?人造人間言われてみ?フランケンシュタイナーくらってみ?アルゼンチンバックブリーカーくらってみ?何らの称号も保証されないよ?かけた奴らのほうにエブリワン、エブリデイ、行ってしまう。サッドネス。イルネス。ウィルビー。あの日は「今夜宇宙の片隅で」を見てたんだ。西村和彦飯島直子石橋貴明がシャワー浴びて雨に濡れたふりしてエヌティーアール。いや正確にいうと雅彦はまだ寝てないから違うんだけど、飯島直子をとられてしまうんだ。あんとき俺の人生ってずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとこうなんだーみたいな気持ちになって、途中で涙がぶわーっと溢れだして、家族で見てたからテレビの部屋から出て行って、自分の布団に潜り込んで泣き明かした。いくらでも泣けた!あんとき決まった気がした。ニャホハウス。最終回ではドラえもんの最終回みたいになってジャイアンがのびたおめーキメーよみたいな感じになって飯島直子と冬彦がくっついてハッピーエンドっぽいんだけど、あのときはもう目がしら〜ってなってて、信じなかった。飲み屋のマスターに電話しながら直子が本当にだいじなものは二番目なんだよねーみたいなことを、それは幸喜の人生論なのかもしれないけれども、とってつけたみたいで非常にしらけた。所詮この世は弱肉強食…邪気眼…アンドソーオン。まぁそれはそれで幸せに今暮らしてはいるけれども、結局欠損は欠損であって、それを無理に補うのも虚しいからって、胸が空っぽだからって残飯かき集めて敷き詰めても無意味也。という達観した気持ちで今までは何も拾おうとしたことなかったけれど、最近少しずつひろうようにしている。ガラクタばかりでも残飯だらけでもいーじゃん、拾ってきて形作って、失敗しなさすぎて若々しいなんて悲しい。ミュージアムじゃあ、ないんだぜ。元素記号で言えば一番右の列みたいな感じの人間だけど、願わくば核融合、まぁ最後の最後で後悔ないように生きたいね、涙なくして語れないように死にたいね。孫と縁側でグリーングリーンしたい。孫に電気アンマかけたい。孫のために500円貯金してつまらないことでも感謝して毎回お駄賃として渡したい。秋がくれば柿を買い、これでもかと柿を買い、息子の嫁に嫌がられ、もうおじいちゃんいい加減にしてほしーわ!みたいな事を家の前を掃いている時にすだれの向こうから聞いて少し死にそうになって、本当に死にたい。なんというか、そういう秋のよながだな。せつなーい。倫世。

この日記をカテゴリー分けしていること

記事をカテゴリ分け中。自分でも何書いたかいまいち整理できてないし、そもそも整理する気もなかったのだが、現代詩フォーラムのおすすめ的な記事はまとめられたらなー(続き書きたいし)という思いもあり、めんどくせーなーと思いながらやっていきます。けどこのつるつるとかは失敗だな。4つで分類しようとしたのが間違いだった。もうすこし増やそう。現代詩フォーラム関連、日常、だらだらーっとしたもの(これはふきげんでいいか)。だいたいこの3つしか書いてないから、4つで分類しても充分足りるはず。そんな感じで整理します。

「つるつる」寄りか「ぽこぽこ」寄りかの判別がけっこう難しいな…。あと、これ記事一覧から修正したほうが早くね?と思った次第。やるならやねうら

やっと9月分カテゴリ分け終了した…気づいたけど、これタイトル入れないとダメなんじゃないか?また一個一個入れてかないといけないのか。情報化社会の罠。

9/20〜今日までタイトルつけた。目がシパシパする